【もう読めないなんて言わせない】Kindleを擬似オーディオブック化する方法

本を目でなく耳で楽しむサービスであるオーディオブック。

オーディオブックと聞くとAmazonの有料サービスを想像しますが、実はiPhoneをお持ちの人であれば、擬似的にオーディオブック化をして読書をすることができることをご存知ですか?

このページでは手持ちのiPhoneで簡単に擬似オーディオブック化させる方法について解説します。

オーディオブックとは?

f:id:kuj1ra13:20220126093059j:plain

オーディオブックとは先述の通り、目でなく耳で読書を楽しむサービスのことです。

Amazonが提供しているサービスであるAudible(オーディブル)がまさにそれで、このようなサービスを使うことによって、プロのナレーターが本を朗読してくれて、その音声を耳で楽しむことができます。

本や画面を見続ける必要がないため、場所やシーンを選ばずいつでもどこでも読書を楽しむことができるうえに、一度ダウンロードしてしまえばオフラインでの再生も可能です。

料金は、最初の1冊は無料ですが、無料体験終了後は月額1500円となるので、よくあるサブスクの中では少々割高な価格設定になっています。

疑似オーディオブック化する方法

f:id:kuj1ra13:20220126093125j:plain

耳で読書をするオーディオブックに興味はあるものの、月額1500円となるとなかなか登録まで踏み切れないという方も多いのではないかと思います。

そんな時にお試しいただきたい方法としてiPhoneを使った疑似オーディオブック化というものがあります。

ここではお手持ちのiPhoneを擬似オーディオブック化させる方法について解説します。

iPhoneを使い疑似オーディオブックを楽しむためには、もともと機能として用意されているiPhoneの読み上げ機能を利用します。

読み上げ機能を使い疑似オーディオブック化させるためにはiPhoneの設定アプリを開いたのち、

アクセシビリティ>読み上げコンテンツ>画面の読み上げON>Kindleで小説を開く>2本指で画面を上から下になぞる

と操作することによって、iPhoneの機能であるSiriに画面に表示されているテキストを読ませることができます。

f:id:kuj1ra13:20220126093324j:plain

読み上げ速度の調節が可能

f:id:kuj1ra13:20220126093340j:plain

iPhoneの読み上げコンテンツ機能では速度の調整が可能になっています。

読み上げ速度を変更するためには、2本指を使い画面を上から下になぞった後に表示されるコントローラーの倍速という表示をタップします。

ここで選択できる読み上げ速度は以下のとおりです。

・0.5倍速
・1倍速
・1.5倍速
・2倍速

0.5倍速は明らかに不自然な速度の読み方になってしまうので利用頻度としてはほぼ無いかもしれません。

はじめてこの機能を利用して疑似オーディオブック化するのであれば、通常の1倍速または1.5倍速あたりに設定をしておくとストレスなく楽しむことが出来ます。

2倍速にすると明らかに早口で、慣れないと聞き漏らしが発生してしまうこともありますが、慣れると結構普通に楽しめたりします。

ちなみに私は普段1.5倍速〜2倍速で疑似オーディオブックを楽しんでいて、今では1倍速に戻すと読み上げが遅すぎて逆に違和感に感じることがあります。

男性または女性の声が選択可能

f:id:kuj1ra13:20220126093418j:plain

これはおまけ的な部分になるのですが、読み上げの声を男性または女性に切り替えることが可能です。

読み上げ音声の切り替えをするには設定アプリを開いた後、

アクセシビリティ>読み上げコンテンツ>声>日本語

と操作します。

ここで選択できる声は以下のとおりです。

・Kyoko(女性)
・Otoya(男性)
・Siri(男性/女性)

どの声にするかはぶっちゃけ好みの問題になるのですが、私は女性の声の方が聞き取りがしやすいようなのでSiri(女性)を利用しています。

以上が、疑似オーディオブックとは何か?についての解説でした。

ここまでをまとめると、

・オーディオブックは目を使わない読書方法
・本家オーディオブックは有料、疑似オーディオブックは無料
・iPhoneの読み上げ機能を使えば疑似オーディオブックが楽しめる

といった感じです。

iPhoneユーザーでKindleアプリをインストールしている人であれば誰でも簡単にすぐ試せる方法なので、気軽にオーディオブックというものを体験してみたいという人におすすめですよ。

疑似オーディオブック化するメリット

f:id:kuj1ra13:20220126093458j:plain

本来オーディオブックを楽しむためにはAmazonなどの月額サービスを利用する必要がありますが、iPhoneのテキスト読み上げ機能を使い疑似オーディオブック化することによって、無料でオーディオブックを楽しむことができます。

これだけでも十分メリット言えるのですが、実際にこの機能を利用している私としては以下のメリットを感じています。

・手放しで読書できる
・iPhoneの持ち方は自由
・iPhoneをポケットに入れたまま読書が可能

通常iPhoneなどで電子書籍の小説を読もうと思うと、iPhone本体を手に持ち親指、または反対の手の指を使ってページをめくるかと思います。

電子書籍の性質上、1ページに表示されるテキストの数が紙の本より少ないため、それだけページをめくる動作が必要になります。

ひとつひとつの動作は大したことはないのですが、長時間これを繰り返すとなるとiPhoneを持つ手が疲れたり、めくる作業が面倒に感じてしまい結果として本を読むことをやめてしまいます。

疑似オーディオブック化をすれば、読み上げと同時にページも勝手にめくられていくので、机にiPhoneを置いて両手離しで小説を楽しむことができますよ。

最近のiPhoneは大型になっていて、それに合わせて本体の重量も増しています。

短い時間操作するだけなら特に問題はありませんが、電子書籍で小説を読む場合は必然的に長時間iPhoneを持ち続けることになるので、すぐにiPhoneを支える指が痛くなってきます。

疑似オーディオブック化するとページをめくる作業が不要になる上に、スタンドを使うなどして画面が見やすい位置に置くなどすれば、手が疲れることもありません。

疑似オーディオブック化の最大のメリットは、目でなく耳で小説を楽しむことができるという点です。

ワイヤレスイヤホンなどをお持ちの方であれば、事前にiPhoneとイヤホンをペアリングしておくことで、テキスト読み上げの音声をそのままイヤホンに飛ばすことができます。

先程まではiPhoneを机に置くなどして画面を見るというものでしたが、イヤホンを併用することによって、iPhoneの画面を見なくても耳だけで小説を楽しむことが可能になります。

疑似オーディオブック化するデメリット

f:id:kuj1ra13:20220126093534j:plain

これまで疑似オーディオブック化のメリットについて書きましたが、疑似ということもありやはりデメリットというものも存在します。

実際に疑似オーディオブックを使っていてデメリットに感じた部分は以下のとおりです。

・単調な読み方になる
・英語はやけに発音がいい
・記号や図も読んでしまう

本家オーディオブックは朗読のプロが感情を込めて読んでくれます。

抑揚もしっかりと付けてくれるので、登場人物のキャラや物語の世界観などをより感じやすくなっているのですが、疑似オーディオブックでは読み手がiPhoneのSiriなので割と単調な感じで読み上げを行います。

慣れないうちはSiriの読み上げをしっかり聞いていないと、どの部分を読んでくれているのか見失うこともありましたが、20分ほど連続して聞けばSiriの声に耳が慣れてきます。

以前読んでいた本の文章に「iPhone」という単語が入っていたとき、それまで淡々と日本語で読み上げていたSiriが突然ネイティブな発音で「アイフゥン」と読み上げたことがありました。

その後も「iPhone」という単語に差し掛かるたびに「アイフゥン」と前後の文章関係なく突然ネイティブな発音になるのは少々耳障りに感じました。

最近ではSiriの精度が上がったのかこのような現象は発生していないのですが、もしこのような症状が発生した場合、小説を読むテンポが悪くなり作品に集中できないことがあります。

疑似オーディオブックでは見出しに「■」が使われていたり、箇条書き部分に「●」が使われていたりすると、それらもそのまま読み上げてしまいます。

例えば「■」は「画像」、箇条書きの「●」は「まる」といった感じです。

読み上げ速度を早めに設定しているとこの「画像」や「まる」といった読み上げにテンポを狂わされてしまい、一瞬どこまで読んでくれているのかを見失うことがあります。

慣れればなんてことは無いのですが、疑似オーディオブックを使い始めたばかりのことはこの現象に少々悩まされました。

以上が、疑似オーディオブック化のメリットとデメリットについての解説でした。

ここまでをまとめると、疑似オーディオブック化のメリットは、

・手放しで読書できる
・iPhoneの持ち方は自由
・iPhoneをポケットに入れたまま読書が可能

反対にデメリットは、

・単調な読み方になる
・英語はやけに発音がいい
・記号や図も読んでしまう

という感じです。

本来有料サービスであるものをiPhoneのテキスト読み上げ機能を使い擬似的に再現しているわけですからデメリットがあるなんて贅沢は言っちゃいけないのですが、これから疑似オーディオブックを試してみたいと思っている人に、ここまで出来てここまでは出来ないということをお伝えしたかったので、ここに綴らせてもらいました。

疑似オーディオブック化がおすすめな人

f:id:kuj1ra13:20220126093617j:plain

疑似オーディオブックをぜひとも使ってみて欲しいと思う人はこんな人たちです。

iPhoneユーザーで以下の項目にひとつでも当てはまったら、即実践してみましょう。

・本を読むのが苦手な人
・本を読む時間が取れない人
・老眼や乱視で文字が見にくい人

もともと読書をする習慣がない人、読書がしたいけどたくさんの文字を見るとすぐに眠気がくるという人は疑似オーディオブックを使うとそれらの問題が改善される見込みがあります。

疑似オーディオブックはiPhoneのテキスト読み上げ機能を使い、画面に表示されているテキストをSiriに読み上げさせるという機能でして、目で文字を追わなくても耳から本の内容が入ってくるので、本を読んでいるという感覚というよりかは、動画や音楽を楽しむような感覚で読書を楽しむことができます。

読書をすること事態は特に苦にはならないけど、家事や仕事など忙しく生活をしていて、ゆっくりと本を読む時間をなかなか捻出出来ないという人も結構多いのではないかと思います。

そんなときにも擬似オーディオブックというのは有効でして、あらかじめiPhoneとワイヤレスイヤホンをペアリングしておけば、Siriのテキスト読み上げ音声を直接イヤホンから聞くことができます。

iPhoneを操作するのはテキスト読み上げ機能を呼び出すときだけで、一回起動してしまえばその後はポケットの中だろうが、ブルートゥースの有効範囲内であれば疑似オーディオブックを楽しむことが出来ます。

電子書籍は文字が見にくいときはサイズを変更することができるのですが、あまりに大きくしすぎてしまうと1ページに表示されるテキストの量が減ってしまい、ページをめくる回数が半端ないことになってしまいます。

特に老眼や乱視がある人は、長時間たくさんの小さな文字を見るのは辛く、それが原因で読書をするのが嫌になってしまうという人も多いかと思います。

擬似オーディオブックであればそもそも画面に表示されている文字を目で見る必要がないため、文字を見ることに対して自信がないという人にオススメな機能なわけです。

疑似オーディオブックを利用するシーン

f:id:kuj1ra13:20220126093642j:plain

前頁で擬似オーディオブックがオススメな人について紹介しました。

この頁では実際に疑似オーディオブックを利用している私が感じた、最適な利用シーンについてご紹介します。

たとえばこんな時どうですか?と提案したいシーンは以下のとおりです。

・家事をしながら
・通勤時間に
・ジョギングをしながら

一度iPhoneのテキスト読み上げ機能を起動させてしまえば、その後は本体のスピーカーまたはワイヤレスイヤホンから読み上げ音声を聞くことが出来ます。

両手が完全にフリーな状態になるので、そのまま炊事や掃除といった家事を行うことが出来ます。

掃除機など運転音が大きなものを使いながらはさすがに聞き取りがしにくくなりますが、それ以外の家事の時には基本的に擬似オーディオブックを使い耳で読書を楽しんでいます。

以前は通勤時間に音楽やラジオを聞くことをしていましたが、今ではカーステレオから音声を流し読書を耳で楽しんでいます。

私の場合は車で通勤していますが、徒歩・自転車・バス・電車などなど色々な通勤手段でこの疑似オーディオブックはとても便利です。

通勤時間にぼんやり景色を見て過ごすというのもひとつの方法ですが、せっかくならこの通勤時間も自分にとって価値のあるものにしたいと思っているので、通勤途中というスキマ時間に疑似オーディオブックを積極的に取り入れています。

私は基本的に内向的な人間であるため、暇さえあれば家にこもってブログを書いたりゲームをしたりしています。

なにかのおまけでもらった万歩計があったので、あるとき実験的に身に付けて生活をしてみたところ、1日に100歩しか歩いていないことがありました。

ブログ作業にストイックといえば聞こえはいいのですが、実際問題このような生活を続けていては健康面で痛い目に合うと思い、最近では軽くジョギングをするようになりました。

1人でジョギングをしていると孤独感に苛まれそうになったので、ジョギング中も疑似オーディオブックを利用することにしました。

少し体を動かすことによって頭がリフレッシュされるのか、本の内容が耳から素直に入ってきますし、体を動かした後に再びブログ作業に取り掛かると、今まで家の中にこもりっきりの時には考えつかなかった発想が降りてくることがあります。

もちろんオーディオブック無しでジョギングをするだけでも効果的ではあるのですが、体力的に少し余裕が出てきたらそこに疑似オーディオブックを取り入れることによって、体力とともに思考を巡らせることができますよ。

オーディオブック化したときにあると便利なもの

f:id:kuj1ra13:20220126093700j:plain

オーディオブックはiPhoneだけあれば誰でも簡単に楽しむことができます。

この頁では疑似オーディオブックをする上で必ず必要では無いけどあると便利なものについて紹介しておきます。

疑似オーディオブックをする上であると便利なアイテムは以下の通りです。

・ワイヤレスイヤホン
・モバイルバッテリー
・iPhoneホルダー

ワイヤレスイヤホンがあると、Siriのテキスト読み上げ音声が直接耳に届くので、言葉の明瞭度が上がり聞き間違えが少なくなります。

また、周りを気にすることなくさり気なく耳で読書を楽しむことができるので、疑似オーディオブックを普段の生活のあらゆる場面に取り入れていくなら、ワイヤレスイヤホンは持っておきたいアイテムのひとつですね。

 

 

疑似オーディオブックを起動するとiPhoneのCPUを結構使います。

通常時よりもバッテリーの減りが早くなり、外出先でバッテリー残量低下のお知らせが表示されてしまい焦ることがあります。

また、好きな体勢やスタイルで読書を楽しむことができるのが擬似オーディオブックの醍醐味なので、充電場所に縛られていてはその恩恵を十分に感じることが出来ません。

120%オーディオブックで読書を楽しむのであれば、充電場所問題を解決してくれるモバイルバッテリーは持っておきたいアイテムですよね。

 

 

疑似オーディオブックを有効にすると、1画面に表示されているテキストを読み終わると自動的に次のページに移動します。

ページをめくる動作すら面倒なときには、このテキスト読み上げ機能をONにしておき、目と耳だけを使い両手離しで読書を楽しむことが出来ます。

ただ机の上にiPhoneを置くだけだと少々角度が悪いので、最適な角度や位置でストレスなく読書を楽しみたいのであれば、iPhoneを固定するスタンドなどを併用すると良いでしょう。

iPhoneのスタンドといってもそんなにゴツいものでなくても100円ショップなどで売られている簡単なものでも十分快適に使うことができます。

以上が、疑似オーディオブック化がおすすめ人と最適な利用シーンについてのご紹介でした。

まとめると、

・読書に苦手意識がある人でも大丈夫
・スキマ時間を有効活用、可処分時間が増やせる
・ちょっとしたアイテムがあると120%楽しめる

こんな感じです。

最初のうちは割と単調な読み上げに違和感をおぼえるかもしれませんが、20分ほど連続で利用していると気にならなくなります。

また、ある程度耳が慣れてくると読み上げ速度を1.5倍速、または2倍速に設定することによって、知らない間に速読のスキルも身につきますよ。

これだけのメリットがありながら、iPhoneさえ持っていれば誰でも簡単に、そして無料で試せるわけですから使わなきゃ損ですよね。